工業製品には欠かせないmicroscope

工業製品の中には、小さな精密のものから構造が複雑で入り込むことができないものまで、人間が肉眼で見ることができないものが多々あります。そんな実際に見ることができない工業製品の不具合などが発生していないかを検査をするためにmicroscopeは欠かすことができません。

microscopeと顕微鏡の違いとは?

スコープを動かして画像を映し出すmicroscope

スコープを使って、画像を画面に映し出し観察をしていきます。用途には建物やパイプなど内部に入れて使う工業用のものや医療用のもの、内部ではありませんが肌に充てて肌状態を確認することができる美容用のものまでさまざまな分野でmicroscopeは活用されています。

顕微鏡はレンズの下に対象物を置いて使う

顕微鏡には生物用と工業用、実体用に分けることができます。生物用では生物の標本を置いて観察し、工業用では工業用と金属の標本を観察するために使用します。実体用は標本を立体的に見ることができ、時計などの小さない部品の検査・組み立てに使用しますが、どのタイプでも使用するときには対象物をレンズの下に置いて観察や検査を行います。

用途によって使い分け

マイクロスコープは、医療用や美容業界さらには修理業界などさまざまな場所で使われている、さまざまな種類があるアイテムです。どんな業界にて使うかによって、購入タイプだけでなくメーカーなども異なります。機能も商品によって異なるため、使用用途ならびにどんな機能を求めているかにより商品を選んでいきましょう。

microscopeの主な4つの特徴

男女

肉眼で見れない部分を映し出せる

microscopeは人間の目で見ることができない、複雑なものや小さなところやものを画像化してみることが可能です。

細部に入れて使うことが可能

細いスコープを使うと小さな隙間からも入れることができます。人間が入り込むことができない細部にまでレンズを入れることができ、内部の確認が可能になっています。

距離を保つことができる

レンズが付いたスコープを伸ばして使うことが可能です。危険な構造物であっても長いスコープを使えば距離を保ちながら検査をすることができます。

用途に合わせて選べる倍率

用途に合わせて倍率を選ぶことが可能です。ニーズに合わせて低倍率のものなのか、高倍率なものがよいのかを選ぶことができます。

microscopeで精密機器の検査がラクになる!

女性

精密機器の検査に使用される

microscopeの大きな目的として、些細な隙間から機械などの内部に近づいて確認することが可能になります。精密機器では、人間が見ることができない小さな不具合であっても、当然のことながら見逃すことができません。そのため、microscopeを検査に使うことによって、肉眼では見ることが困難な狭い箇所も高精度かつ拡大をしてチェックすることが可能になります。

顕微鏡

モニターに映すことも測定も可能

実はマイクロスコープは顕微鏡の一種です。顕微鏡といえば覗き込んで使うというイメージが強いですが、マイクロスコープはモニターに接続して大きな画面で画像を見ることができます。そして、そんなマイクロスコープの中でも最近はUSBマイクロスコープが注目されつつあります。簡単に測定ができるうえ、パソコンを使ってデータの出力も容易になってきているのです。画像へ映し出すことが可能になったことで、いままで肉眼では見えなかった世界を見ることができたのもすごいことです。しかし、それだけにとどまらず、さらに進化しているマイクロスコープを使うことで検査や計測などが手軽になっています。